Loading...

諏訪湖祭湖上花火大会

よくある質問

よくある質問

諏訪湖の花火

「諏訪湖の花火」について今までいただいた質問の中から、いくつかピックアップしました。

花火大会について

Q

諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日)と
全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日)の違いは何ですか?

A

二つの花火大会の大きな違いは以下のとおり大会の趣旨が異なることです。
★諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催、主催:諏訪湖祭実行委員会)
昭和24年、終戦後の混乱の中で、市民が明るい希望を持ち一日も早く立ち直ることを願って、8月15日に諏訪湖で初めて開催された市民花火大会が起源となり、今では全国トップクラスの大きな花火大会に成長しました。水上スターマイン(Kiss of Fire)や大ナイヤガラ瀑布など諏訪湖ならではの名物花火が打ち上がります。

★全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日開催、主催:新作花火大会実行委員会)
諏訪地方を花火の情報発信拠点にしようと始められた競技花火大会で、全国から約30人の若手煙火師の登竜門として、斬新な発想と独創的な技術で創作した新作花火を発表します。華麗な花火が音楽やナレーションと共に諏訪の夜空を彩るのが特徴です。

よって、打ち上げ発数や規模、主催者も異なります。

Q

どちらの花火大会が混雑しますか?

A

どちらの花火大会も非常に混雑いたします。
花火大会当日は、諏訪市の人口約5万人に対して、昨年は諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催)が約50万人、全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日)でも約30万人という観客数(各実行委員会発表)となっております。
二つを比べてみると、圧倒的に諏訪湖祭湖上花火大会が言葉では表現できないくらい混雑いたします。帰りの電車は、駅構内や電車内は東京の通勤ラッシュさながらの状態になり、車は大渋滞により24時過ぎまで身動きできない状況になることが多いです。かなり混雑している、というある程度の覚悟が必要な花火大会かと思われます。

Q

花火が一番よく見えるのはどこですか?

A

各実行委員会で発売している桟敷席かと思われます。湖畔公園を利用して桟敷席を作っておりまして、二つの花火大会で桟敷席の種類も異なりますが、同じ花火大会でも桟敷席の種類(マス席・ブロック指定席・有料自由席)により場所も異なってきます。
詳細は諏訪湖祭湖上花火大会全国新作花火競技大会の「チケット販売情報」をご覧下さい。
また、「諏訪湖の花火」は諏訪湖に浮かんでいる初島という島付近から打ち上げます。花火の見える大きさや音の大きさにこだわらないということでしたら、極端な話、対岸の岡谷市側の諏訪湖畔でもご覧いただけます。恐らく障害物がなく天候が良ければ、諏訪湖の周囲約15.9kmのどこからでもご覧になれると思われます。ただ、一部立入り禁止区域があります。危険ですのでその中は絶対に入らないようご注意ください。

Q

何発の花火が上がるのですか?

A

諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催)では約4万発、全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日)では約2万発弱の花火が打ち上がります。協賛金の集まった額にもよりますが、毎年若干変動します。

Q

雨天の場合はどうなるのですか?

A

諏訪湖祭と新作花火は雨天決行です。また、桟敷席での傘の使用は禁止とさせていただいておりますので、雨具(カッパ・レインコート)をご用意下さい。また非常時に備えてラジオをご持参下さい。

Q

夏の諏訪湖は毎日花火が上がると聞いたのですが本当ですか?

A

本当です。
諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催)を除いた、7月22日から8月26日まで「諏訪湖サマーナイト花火」が開催されます。少雨決行で荒天の場合は中止もございますが、約15分間毎日花火が見られます。こちらの花火では、浴衣などで「諏訪湖の花火」の風流を是非味わっていただきたいと思います。
詳細は諏訪湖サマーナイト花火のページをご覧下さい。

観覧席について

Q

観覧席にはどんな種類がありますか?

A

観覧席は大きく分けて二つあります。それは、(1)実行委員会(諏訪湖祭実行委員会・新作花火大会実行委員会)で販売するものと、(2)湖畔に面している旅館やホテルなどが、客室や駐車場を桟敷として販売するものです。

(1)の実行委員会では、諏訪湖祭湖上花火大会(毎年8月15日開催)と全国新作花火競技大会(毎年9月第1土曜日開催)の桟敷席を販売しています。
席の内容及び販売方法や観覧場所はそれぞれ異なりますので、詳しいことは諏訪湖祭湖上花火大会と全国新作花火競技大会の「チケット販売情報」をご覧下さい。

(2)につきましては、大変申し訳ございませんが、実行委員会では情報を取り扱っておりません。
お手数ですが、諏訪湖温泉旅館組合HP(一社)諏訪観光協会HP宿泊ガイド
ご覧いただき、直接ご確認ください。

Q

観覧席のチケットはインターネットでも買えますか?

A

諏訪湖祭湖上花火大会については「有料自由席」(石彫公園・湖畔公園)が、全国新作花火競技大会については「有料自由席」(石彫公園)がチケット販売業者による委託販売を行っております。

Q

当日券はありますか?

A

・諏訪湖祭湖上花火大会については、「旧東バル跡地(5,000席)」の桟敷券があります。午前8時00分から旧東バル跡地で販売を行います。
・全国新作花火競技大会については、「有料自由席(石彫公園2,000席)」の桟敷券があります。午前9時30分から諏訪市諏訪湖畔券売所(ホテル鷺乃湯前諏訪湖側)で販売を行います。
(ただし、いずれも事前に完売の場合、当日販売はありません。)

Q

諏訪湖祭の諏訪エリア協賛花火とはどういったものですか?

A

諏訪6市町村(諏訪市、岡谷市、茅野市、下諏訪町、富士見町、原村)にお住いの方がご利用いただける協賛者制度で、協賛者には1口につき1枚市民協賛者券を差し上げます。また、ご希望される方はプログラムにお名前を掲載します。
詳しくはチケット販売情報、個人協賛のページをご覧ください。

Q

諏訪湖祭のメッセージ花火とはどういったものですか?

A

どなたでもご利用いただける協賛者制度で、協賛者には協賛金基準によりメッセージ花火協賛者席券を差し上げます。また、ご希望される方はプログラムにメッセージとお名前を掲載します。
詳しくはチケット販売情報、個人協賛のページをご覧ください。

Q

観覧席でないと花火は見られませんか?

A

花火は空に向かって打ち上げるものですので、観覧席以外のところからでも十分見ることはできます。ただ、諏訪湖ならではの「水上スターマイン」や「大ナイヤガラ」など、湖面に映える花火については実行委員会で用意している観覧席からでないと大変見にくい状態かと思われますので、観覧席から見ることをお勧めします。

Q

観覧席にペットを連れて入れますか?

A

申し訳ありませんが禁止とさせていただいております。

Q

観覧席内で三脚を使っての写真撮影はできますか?

A

三脚を使うことにより、後ろのお客様のご迷惑になる恐れがあります。
三脚のご使用を希望される方はカメラマン席のご購入をお願いします。
詳しくはチケット販売情報をご確認ください。

Q

観覧席に車椅子席はありますか?

A

ございます。
有料自由席(石彫公園と、湖畔公園)に車イスのお客様お一人につき補助者一人で、観覧できるエリアを用意させていただいております。ただ、有料自由席(石彫公園と、湖畔公園)は前売り券のみの販売となりますので、ご注意ください。

交通について

Q

花火大会へ行く場合、自動車と電車とどちらが良いですか?

A

電車をおすすめしております。花火大会の会場である諏訪湖畔までは、JR上諏訪駅から徒歩で約10分(通常)ほどですし、臨時電車も増発されます。また、電車だと駐車場の心配する必要がございません。
実行委員会では駐車場を会場周辺にいくつか分散して用意してあります。諏訪湖祭では、約4,720台、新作花火では約2,000台の台数をご用意しております(バスを除いて予約はできません)が、台数限定のうえ先着順となっているため午前中に満車となってしまうことが多いです。そのため民間の空駐車場を探す自動車が渋滞にはまってしまい、結局は諏訪湖畔までたどり着くことができずに花火を見られないまま…ということもございます。
なお、諏訪湖祭湖上花火大会(8月15日開催)及び全国新作花火競技大会(9月第一土曜日開催)当日は、市内道路が大変混雑するため、市内を走る公共交通「かりんちゃんバス」は全便運休となります。

Q

混雑や渋滞を回避する方法はありませんか?

A

諏訪市内に車で入られた場合、恐らく渋滞から逃れる方法はないかと思われます。大会が始まる前でしたらお客様は分散していらっしゃるのですが、大会終了後は数十万人の人がいっせいに移動するため、言葉では表現できないぐらい混雑(特に駅構内や電車内は東京の通勤ラッシュさながらの状態になります)し、渋滞します。特に車は、諏訪市内は大渋滞により24時過ぎまでは身動きできない状況になることが多いので、車内で仮眠をとるなどゆっくり落ち着いてから移動することをお勧めします。
また、車でいらっしゃった際にご活用いただきたいのは、エルシーブイFM769「花火ラジオ」(76.9MHz)です。諏訪地方のコミュニティFMなのですが、花火打ち上げ情報、駐車場情報、会場周辺渋滞情報を朝6時から大会終了後の24時まで放送しております。
渋滞回避の一手段として考えられるのは、諏訪地方の周辺市町村の駅などからJR中央本線の電車をご利用いただく方法です。当日は、花火大会前はもちろん、終了後も特急あずさ(甲府・新宿方面、松本・長野方面)、中央本線(茅野・甲府方面、岡谷・松本方面)ともに数十本の臨時電車(最終は24時頃)があります。

Q

JR上諏訪駅から花火大会会場までは徒歩でどのくらいの時間がかかりますか?

A

通常ですと、JR上諏訪駅から花火大会会場の諏訪湖畔までは大人の足で徒歩7~10分ほどかかります。ただ、花火大会当日は、駅から会場へ続く道は午前中から人・人・人で、周辺道路も大渋滞となります。午後に歩行者天国となった会場やその周辺はさらに人の山となりますので、通常時以上の時間がかかるかと思います。

Q

諏訪ICから会場までは車でどのくらいの時間がかかりますか?

A

通常ですと、諏訪ICから会場の諏訪湖畔までは車で約15分かかります。ただ、長野県諏訪市の人口は約5万人で、花火大会当日の観覧者数は諏訪湖祭湖上花火大会で約50万人、新作花火競技大会でも約30万人にも膨れ上がり、そのほとんどが約16万平方メートルの諏訪市湖畔公園とその周辺に集中します。それによって交通機能は完全に麻痺状態となります。諏訪市内の道路は、一番良い土地(場所)とされるところに諏訪湖があることや、江戸時代は諏訪高島藩・高島城の城下町であったこともあり道幅が狭く、毎年諏訪市周辺の道路は、早朝から渋滞します。時間帯によっては、駐車場を求めて諏訪市内を移動するのも大変厳しい状況となっております。中央自動車道諏訪IC出口付近は上り・下りどちらも渋滞しますので、通常以上の時間がかかるかと思います。

Q

諏訪湖サービスエリアからの花火観覧はできますか?

A

できません。諏訪湖サービスエリアからの花火観覧は禁止されております。花火大会見物のための中央自動車道諏訪湖サービスエリア上下線への長時間にわたる駐車はご遠慮下さい。
サービスエリアを利用される他の方の迷惑となるとともに、渋滞、事故の発生原因となるおそれがありますので、ご理解、ご協力をお願いいたします。

宿泊について

Q

「1年前から予約しないと泊まれない」と聞きますが本当ですか?

A

半分本当だと思います。特に上諏訪温泉の旅館・ホテルについては、宿泊されたお客さんがお帰りになる際に来年の宿泊をご予約されるという話をよく耳にします。ただ、大変申し訳ございませんが、実行委員会では情報を取り扱っておりません。宿泊施設により予約開始の日程も異なるようですので、お手数ですが、諏訪湖温泉旅館組合HP(一社)諏訪観光協会HP宿泊ガイド霧ヶ峰旅館組合HPをご覧いただき、直接ご確認ください。

Q

部屋から花火が見えるホテルや旅館はありますか?

A

いくつかございます。
ただ、花火が見えるお部屋ということになりますと、宿泊料金はかなり高額になるかと思われます。また、良い部屋はかなり早くから予約がされてしまうようです。また、大変申し訳ございませんが、実行委員会では詳細な情報を取り扱っておりません。お手数ですが、
諏訪湖温泉旅館組合HP(一社)諏訪観光協会HP宿泊ガイドをご覧いただき、直接ご確認ください。

その他

Q

トイレはありますか?

A

ございます。
各ゲートの近くに仮設トイレを設置してあります。諏訪湖祭湖上花火大会では300基以上ご用意しておりますが、観覧者数が約50万人ともなりますと絶対数が足りません。長蛇の列(特に女性)になりますので早めの対応を心がけてください。

Q

具合が悪くなった時の救護施設等はありますか?

A

ございます。
基本的に警備本部の近くに設置しますが、「会場付近案内図」等でご確認ください。迷子センターと同じところに設ける予定です。

Q

迷子(迷大人)になった時の迷子センターはありますか?

A

ございます。
基本的に警備本部の近くに設置しますが、「会場付近案内図」等でご確認ください。救護本部と同じところに設ける予定です。

Q

湖畔でバーベキュー等はできますか?

A

できません。
諏訪湖畔は通年火気厳禁となっています。